コラム

工作機械の選び方について知りたい!

工作機械を選ぶというのは何を基準にして選んだらよいのか迷うもの。

環境にあった製品を選んだつもりが失敗したなんてことになってしまえば大きな負担となってしまうだけでなく作業効率にも悪影響をあたえてしまいます。

まずは加工したい材料と大きさから機種を選ぶことが大切。

樹脂や木材などを加工するのか、アルミやステンレスなどの軽金属などを加工するかでは大きな違いがあります。

また加工精度がどのくらい必要であるかという事も重要なポイント。

寸法精度や表面制度がどのくらいの加工のものが必要なのかで選び方が変わってきます。

 

 

さらに縦型・横型など加工形状によっても機種が違ってきます。

主な工作機械として挙げられるのは旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、歯切り盤、研削盤など。

工作機械を選ぶ時に最良の方法はまずは綿密に調査をすること。

稼働時間や売り上げや人件費を算出することも重要です。

他にも、設置場所も重要なポイント。

作業員が作業しやすいベストな場所・環境を整えることが大切です。

工作機械の選び方に迷いや不安があったらプロに相談するのがベスト。

 

 

今本当に必要な商品を案内してくれるのが「有限会社 スワ商工」です。

工作機械・工具の販売を長年しており多くの実績のある会社。

本当に必要な商品の相談やアドバイスをすることで高い評価を得ています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.suwa-shop.com/contact/

ワークの種類や加工方法によって変えることが必要な切削工具

切削工具とは切削加工をする際に欠かせない重要な物。

切削加工とは金属など様々な材料を求める形状にするために不要な部分を切り削る加工の事。

切削加工する際には大きく分けて穴あけ加工・旋削加工・フライス加工と3種類あり切削工具は切削加工の種類ごとに様々なものがあります。

穴あけ加工に必要な切削工具にはらせん状の溝が付いており工具の先端が刃物になっているドリル、高い精度や表面粗さを求める際の穴の仕上げに使用されるのに必要なリーマ、雌ネジを加工する工具として使用されるタップ、雄ネジを加工する工具として使用されるダイスなどが挙げられます。

 

 

旋削加工に使用する切削工具にはバイトやチップ・ホルダなどがあり、フライス加工に使用する切削工具には平面の加工に多く使用されるフライスカッターやドリルに似ているエンドミルなどが挙げられます。

作業者は加工する材料や形状などその時の必要に応じて膨大な種類の中から適切な切削工具を選び出すのは重要な仕事であり大変な事。

完成形状が複雑であればあるほど工具の種類や選び方が重要となってきます。

 

 

そんな重要な切削工具選びをサポートし通販も行っているのが「有限会社 スワ商工」。

工作機械・工具の販売を長年行っており知識には自信を持っています。

お求めの方が本当に必要な相談のアドバイスを行っておりますのでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.suwa-shop.com/contact/

エンドミルとドリルの違い

切削工具には、主に、バイト、リーマ、フライス、ドリル、エンドミルがありますが、今回は、この中のドリルとエンドミルの違いについてご紹介します。

まず、誰もが知っている工具の「ドリル」は、穴を開ける際に使いますが、実際に穴を開ける部分は先端のみで軸の部分は含まれません。ドリルで穴を開けた後は、穴の内側はリーマを使って滑らかにならす作業が行われることがあります。

「エンドミル」は、ドリルと同じような形状なので同じものと思われがちですが、ドリルの刃の部分とは作りが異なり、外周や側面にも刃を持っており穴を開けることができるため、1本で外周や曲面、穴加工まで行うことが可能です。

またエンドミルは素材や加工方法に合わせて刃を使い分けることで、溝の加工やリブ加工、ポケット加工などさまざまな削り方に活用できるところも大きな魅力です。代表的なエンドミルの刃の種類では、普通刃、テーパー刃、ラフィング刃、フォームド刃があります。

スワ商工では、工作機械・工具のインターネット通販も行っております。何かご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

日本の技術の高さは工作機械にもあらわれている

日本はあらゆる分野で世界に誇れる技術力のある国です。そして、それは手作業の技術だけでなく、機械を作って生み出されるあらゆる製品にも生かされています。

工作機械は、複雑な部品を正確にかつ効率的に作ることが求められます。この工作機械の性能や精度によって、製造される商品自体に競争力や工業力にも影響が及ぼされるそうです。(参考:一般社団法人 日本工作機械工業界Webページ「工作機械について」)

気が付きやすい例をあげると、ネジ1本でもそれがいえます。格安の海外で作られたネジは、素材が柔らかく頭部の山が崩れやすかったり、ネジ部のピッチもガタ付きがあったり、触った感触にバリを感じることがあります。

しかし、日本製の高品質なネジは、まず触った感触でバリはなく、同じ金属でも全く異なる滑らかな感触で、ネジ部のピッチも美しいほど細かく正確に作られています。こういった製品を作るための部品1つ1つのクオリティが高いからこそ、より素晴らしい製品が生まれていくのです。

スワ商工では、工作機械・工具の販売を長年の実績があり、インターネット通販も行っております。何かご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

あらゆるものに切削工具は使われている

切削工具というとあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、私達人間がモノづくりを行うとき、材料を加工しなければ製品や部品は出来上がることはありません。全て手作業で行われるものもありますが、多くは工作機械によって、もとの原材料を切ったり削ったり、くっつけたり、曲げることで各パーツが作られて材料ができ、加工されていきます。

素材は木材や樹脂、金属などさまざまで、具体的には、切断や穴あけ、研磨、折り曲げを行うために、ドリルやエンドミル、ノコギリ、ヤスリ、フライス、砥石など、あらゆる切削工具が使われています。どんなものを作るにも切削工具は欠かせません。

 

工具には同じような役割を持つものやメーカーによって仕様が異なるもの、ミリ単位でのパーツの種類がたくさんあるので、どれを選べばよいのか迷ってしまうこともあるかと思います。こんな場合は、迷わずに、お気軽にまずはお問い合わせください。お求めの方が本当に必要な商品の相談やアドバイスいたします。

 

栃木県のスワ商工では、工作機械・工具の販売を長年の実績があり、インターネット通販も行っております。送料無料ですので、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

メニューを開く