コラム

チタンは発見から実用までに長い年月がかかった by スワ商工

有限会社 スワ商工では、切削工具(エンドミル)・工作機械などを種類豊富に取り揃えております。

また、COMINIX通販に登録して請求払い(月締め翌月末日-支払)のお客様は、送料・代引き手数料なしで対応いたしております。

また「何を発注したらいいのか分からない…」そんな方もお任せください。

弊社の長年の実績をもとに、お客様が本当に必要な商品の、相談アドバイスをさせていただきます。

そんなスワ商工が業務にまつわる豆知識を披露します。

チタンは発見から実用までに長い年月がかかった

1791年、グレガーというイギリス人が海岸の砂を調べていると、鉄とは違う、「黒い砂(鉱石)」を見つけました。
これが後のチタンの第一発見とされています。
その4年後(1795年)、ドイツのクラプロートという科学者が、ハンガリーのルチル鉱石が、今までに知られていない、金属でできているということを発見しました。
クラプロートは、この金属に、ギリシャ神話の勇猛な巨人“タイタン”の名から“チタン”と名付けました。
しかし、グレガーもクラプロートも、チタンの元を見つけただけで、金属としてのチタンを取り出した訳ではなく、発見されてからも、さらに150年は使うことができなかったのです。

 

メニューを開く