コラム

エンドミルとドリルの違い

切削工具には、主に、バイト、リーマ、フライス、ドリル、エンドミルがありますが、今回は、この中のドリルとエンドミルの違いについてご紹介します。

まず、誰もが知っている工具の「ドリル」は、穴を開ける際に使いますが、実際に穴を開ける部分は先端のみで軸の部分は含まれません。ドリルで穴を開けた後は、穴の内側はリーマを使って滑らかにならす作業が行われることがあります。

「エンドミル」は、ドリルと同じような形状なので同じものと思われがちですが、ドリルの刃の部分とは作りが異なり、外周や側面にも刃を持っており穴を開けることができるため、1本で外周や曲面、穴加工まで行うことが可能です。

またエンドミルは素材や加工方法に合わせて刃を使い分けることで、溝の加工やリブ加工、ポケット加工などさまざまな削り方に活用できるところも大きな魅力です。代表的なエンドミルの刃の種類では、普通刃、テーパー刃、ラフィング刃、フォームド刃があります。

スワ商工では、工作機械・工具のインターネット通販も行っております。何かご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

メニューを開く