コラム

ワークの種類や加工方法によって変えることが必要な切削工具

切削工具とは切削加工をする際に欠かせない重要な物。

切削加工とは金属など様々な材料を求める形状にするために不要な部分を切り削る加工の事。

切削加工する際には大きく分けて穴あけ加工・旋削加工・フライス加工と3種類あり切削工具は切削加工の種類ごとに様々なものがあります。

穴あけ加工に必要な切削工具にはらせん状の溝が付いており工具の先端が刃物になっているドリル、高い精度や表面粗さを求める際の穴の仕上げに使用されるのに必要なリーマ、雌ネジを加工する工具として使用されるタップ、雄ネジを加工する工具として使用されるダイスなどが挙げられます。

 

 

旋削加工に使用する切削工具にはバイトやチップ・ホルダなどがあり、フライス加工に使用する切削工具には平面の加工に多く使用されるフライスカッターやドリルに似ているエンドミルなどが挙げられます。

作業者は加工する材料や形状などその時の必要に応じて膨大な種類の中から適切な切削工具を選び出すのは重要な仕事であり大変な事。

完成形状が複雑であればあるほど工具の種類や選び方が重要となってきます。

 

 

そんな重要な切削工具選びをサポートし通販も行っているのが「有限会社 スワ商工」。

工作機械・工具の販売を長年行っており知識には自信を持っています。

お求めの方が本当に必要な相談のアドバイスを行っておりますのでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.suwa-shop.com/contact/

メニューを開く