コラム

エンドミルの刃の種類について

切削工具の1つであるエンドミルは、切削加工を行うために使用する切削工具のフライスの1つです。

見た目は普通のドリルと似ていますが、ドリルのようにまっすぐ円柱状に穴を空けるのではなく、側面の刃部分で切削を行い軸に対して直交する方向に対して、穴を広げるために使用されるものです。

エンドミルの特徴のある種類が多数あり、刃先によってさまざまな加工を行うことができます。例を挙げると

 

スクエアエンドミル

刃先が平ら(フラット)になっているエンドミルで水平面や垂直面への切削に使用されます。

 

ボールエンドミル

刃先が球状になっているので、曲面などを切削に使用されます。

 

ラフィングエンドミル

刃先が平らでフラットエンドミルと同じだが、側面に凹凸があり、粗とりに使用されます。

 

テーパーエンドミル

外側の刃先がテーパー状になっているエンドミルで樹脂の金型などの抜け勾配加工に使用されます。

 

ラジアスエンドミル

定刃と外側の刃のつながる部分が球状になっているので、コーナー部分の強度アップや高送りに適しており、均一に切削できることから幅広く使用されるエンドミルです。

 

切削工具に特化した専門の通販サイトをお探しならスワショップをご利用ください。

工作機械や切削工具についてのお問い合わせはこちらから

メニューを開く