コラム

切削加工に使うエンドミルはどんなものがある?

掘削工具を扱っているスワ商工です。スワ商工では様々なエンドミルを取り扱っています。
側面の掘削にも使えるエンドミルはどんなものがあるのかいくつかご紹介しましょう!

・ボールエンドミル

先端が球状になっているエンドミルで、磨き工程に優れています。
凹凸や出っ張りが出来にくく、高速で切削できるのも特徴の一つです。
縦加工のR形状にも応用が出来、一つは持っておきたいエンドミルです。


・段つきエンドミル

先端がひねったような加工が印象的な45度面どり加工が同時にできるエンドミルです。
1回の切削で複数の切削加工ができ、効率性を兼ね備えたエンドミルです。
特殊な溝加工を作りたい時におすすめのエンドミルです。


・座繰り加工エンドミル

ドリルの形をしていながらも芯がとても厚く、たわまずに穴を開けたいときに加工できるエンドミルです。
バリが発生する可能性も低く、施工ミスが少ないのも特徴。
剛性があり、チップポケットも大きいので掘削しやすいのもメリットです。

他にもまだまだ沢山のエンドミルがあります。
T字型のもの、コーナーR付きのもの、溝加工用のものなど。
使用用途をお伝えいただければスワ商工が適切なエンドミルをご紹介させていただきます。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く