コラム

ラフィングエンドミルってどんな工具?

ラフィングエンドミルは工具の外周に凹凸があり、先端にもドリルのような掘削機能がついている工具のことです。

回転すると外周刃が回って凸凹の跡をつけることができます。
掘削部分に部品をはめ込んだり、他の補強材などを設置することで安定性のある部品を作ることができます。

ラフィニングエンドミルのメリットとしては、この機械を使えば、切りくずが出にくく、精巧な加工ができるという点です。

外周波が波のようになっているので、簡単な直線ではない加工を入れることができます。
これにより、部品が外れにくくなったり、あるいは模倣品が出にくい(真似されにくい)といったメリットもあります。

では具体的にどんなときにラフイニングエンドミルを使えばよいのか。

それは側面に切り込みを入れたい場合や半径よりも大きい凹凸を入れたい場合などです。
マシニングセンタに取り付けて加工すれば深く切れ込みを入れすぎて、ヒビが入ってしまうといった心配もありませんし、ミリ単位で加工することができます。

仕上げ加工として使うこともできますし、効率よく精巧な加工を行いたいというときにも重宝できます。

ラフイニングエンドミルをはじめとした切削工具をお探しの方はスワ商工までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く