コラム

切削加工の2つの種類

今回は切削加工についてお話ししたいと思います。切削加工とは、工作物と工具を相対的に動かしながら、削ったり穴を開けたりして加工する技術です。切削加工には、大きく分けて以下の2つの種類があります。

 

・転削

転削とは、加工する工作物を固定して工具を回転させる方法で、代表的なものにフライス加工というものがあります。

フライス加工は、回転時期に取り付けたフライス盤という切削工具を回転させて行う加工です。工具を工作物に断続的に当てることができるため、工作物表面の加工や穴あけ、みぞ削りなど多様な加工ができます。

 

・旋削

旋削とは、加工する工作物を回転させて工具を固定する方法で、代表的なものに旋盤加工というものがあります。

旋盤加工は、円筒形状の工作物を回転させながら、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具を当てることにより加工する技術です。穴あけや穴を広げる中ぐり、ねじ切り、さらに溝を深くする突切りなどができます。

 

当ショップでは、さまざまな切削工具を取り揃えておりますので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く